Negoro-ji

Currently Open [Closes at 04:30 pm]
  • Timings: 09:00 am - 04:30 pm Details

Negoro-ji - Review

This page offers up-to-date information of Negoro-ji in the city of Iwade, Japan. On this page, you can find the most important logistical information about Negoro-ji like its address, phone number and location. You can click on the map view to know the exact location of the place on the maps.

Apart from this basic data, this page also provides you with essential information like visiting timings of Negoro-ji, Iwade. These timings can help you decide your schedule to visit the place. The page also mentions the ticket price of Negoro-ji, if any.

If you come across any missing data in the information section, you can help other TripHobo users by offering your contribution. This can be done by clicking on the ‘Contribute/Review’ button. If you have any queries, you can shoot a question and the experts at TripHobo along with its million+ users will be happy to assist you. You can click on the ‘Ask a question’ tab to submit a query regarding Negoro-ji.

The page also has a comprehensive list of tours that can help you visit Negoro-ji. From guided tours to skip the line tours, these activities are offered by top websites like Viator, Get Your Guide, Musement and also has a list of curated tours by TripHobo. Along with the tours for Negoro-ji, you can also browse the tours to visit other attractions of the city.

If you are looking for a place to stay near Negoro-ji, a number of top-rated accommodations are available to book, on this page. These accommodations range from hotels, homestays, resorts and hostels offered by websites like HotelsCombined, Booking, Agoda and Airbnb. You can compare the prices for your desired dates and book the hotels with a click.

This visiting information for Negoro-ji can be used to further plan a trip to Iwade by using the Iwade trip planner button available on the page.

TripHobo Highlights for Negoro-ji

  • Negoro-ji is added 4 times in the itineraries created by TripHobo users
  • Try the best online travel planner to plan your travel itinerary!
  • Plan a Trip to Negoro-ji using our free Iwade Trip Planner
  • Explore Iwade itineraries created by fellow travellers
  • Website: http://en.wikipedia.org/wiki?curid=10981509
Are you associated with this business? Get in Touch

Things to Know Before Visiting Negoro-ji

  • 95% of people who visit Iwade include Negoro-ji in their plan

  • 74.07% of people start their Negoro-ji visit around 1 PM - 2 PM

  • People usually take around 30 Minutes to see Negoro-ji

Tuesday, Wednesday and Friday

95% of people prefer to travel by car while visiting Negoro-ji

People normally club together Kamayama Shrine and Tokushoji Temple (arida) while planning their visit to Negoro-ji.

* The facts given above are based on traveler data on TripHobo and might vary from the actual figures

Negoro-ji Map

Enable Map

Negoro-ji, Iwade Reviews

Google+
  • Very peaceful compared to some shrines in Kyoto(probably less tourist know about this place). I enjoyed the atmosphere and the tranquil of the whole place.Do visit this place when you are in Wakayama.

  • 「ねごろじ」と読みます。 戦国時代において根来寺は、根来衆(仏僧の傭兵)と言われる鉄砲集団(忍者とも)を抱える一大勢力の中心地でした。織田信長とは友好関係にあったと言われるが死後、豊臣秀吉とは敵対したために紀州攻めの際に伽藍を悉く灰燼に帰すこととなってしまいました。 この様な歴史はありましたが、大塔(国宝)や開山堂(重文)が焼かれず残ったことは幸いだったと思います。 因みに、信長を「金ヶ崎の退き口」の際に狙撃した鉄砲名人の杉谷善住坊は、一説には根来衆(雑賀衆?)とも言われています。 根来寺で有名な物といえば、根来塗でしょう。 残念なのは最盛期だった物は、紀州攻めの際にほとんど焼失してしまったようです。 隣にある民俗資料館に一部が展示されているようですので、興味のある方は見に行かれるとよいでしょう。 因みに京都三十三間堂近くにある智積院は、根来寺の塔頭になります。

  • 高野山の学僧でもあった覚鑁(かくばん)上人によって開創された新義真言宗の総本山。 興教大師の御廟(お墓)を守り続けております。開山以来、約900年の伝統を誇り、山内には日本最大の木造の『大毘廬遮那法界体性塔』(だいびるしゃなほっかいたいしょうとう)通称「大塔」のほか、大伝法堂には重要文化財の本尊大日如来(だいにちにょらい)・金剛薩埵(こんごうさった)・尊勝仏頂(そんしょうぶっちょう)の三体が奉安されています。 和歌山県北部に位置し(大坂市内から約60分・関西空港から約30分・神戸市内から約90分・京都市内から約95分)葛城連峰の端に、およそ350万㎡の境内を有し、史蹟・根來寺境内は中世のたたずまいを残し四季折々、桜・新緑・紅葉が変化に富み多く参拝者の目を楽しませてくれます。

  • 根來寺(ねごろじ)を開創された覚鑁(かくばん)上人は肥前国藤津荘(現在の佐賀県鹿島市)で生まれました。13歳で京都・仁和寺の寛助僧正に従い出家得度し、奈良と京都を往復しながら仏教を学び、20歳になると高野山に登り、真言密教の復興に努力しました。 やがて鳥羽上皇の庇護を受け、長承元年(1132)に学問探究の場である「伝法院」、修禅の道場である「密厳院」を高野山上に建立します。同時に根来近郊の岡田・山東・弘田・山崎の荘園と本寺豊福寺(のちに根來寺)を院宣により賜り、覚鑁上人を筆頭とする大伝法院は大いに隆盛しました。 さて、大伝法院・弘田荘、根来には豊福長者(とよとみちょうじゃ)が建てた葛城山系の山岳信仰をおこなう草庵がありましたが、覚鑁上人は、その豊福寺(ぶふくじ)の境内に、末寺の学問所として「円明寺」と「神宮寺」を造られ、康治2年12月12日(1143)に円明寺にて49歳の生涯を閉じられました。 覚鑁上人の入滅後、大伝法院は高野山で発展し十三堂塔が建立されましたが、仁治3年(1242)に焼失。その後、正応元年(1288)頃、頼瑜(らいゆ)僧正が大伝法院の僧侶の教学(学び)の拠点を根来に設けました。 頼瑜僧正の学風は聖憲尊師に受け継がれ「新義教学」として大成しました。中世根来寺は多くの学僧を抱える「学山根来」であったことが、伝えられた多くの聖教史料から近年明らかになりました。当時の根來寺境内を示す「根来寺伽藍古絵図」には、覚鑁上人の法灯を守る法会を営む堂塔伽藍と中性院に代表される教学を伝受する300~400の院家が描かれております。 戦国時代、大きな勢力を備えた根來寺は、当時の様子を書いた宣教師ルイス・フロイスの『日本史』にも紹介されています。しかし、こうした強大な寺社勢力を危惧した豊臣秀吉は天正13年(1585)3月に紀州根来に攻め入り、大塔・大師堂などの2~3の堂塔を残して全山消失してしまいました。 その後しばらく復興を許されませんでしたが、やがて紀州徳川家の外護を受けて、大門・伝法堂・不動堂など主要な伽藍が復興され、また、東山天皇より覚鑁上人に「興教大師」の大師号が下賜されました。

  • 駐車場は無料ですが本堂に行くまでに料金所が出来ました。お正月は参拝料無料になります。駐車場には茶屋と奥にトイレとベンチあります。お正月や桜の時期には出店もあり賑やかだし、ポケモンgoのポケスポットになっていたときは携帯片手に人がうじゃうじゃいましたが何にもない日はがらがらです。

Read all reviews

All Questions

Negoro-ji
    Simply click on Ask a Question to add question