Abeseimei Shrine

Currently Closed
  • Address: 5-16 Abeno Motomachi, Abeno Ward, Osaka, Osaka Prefecture 545-0034, Japan
    Map
  • Timings: 09:00 am - 06:00 pm Details
  • Phone: +81-666222565
  • Ticket Price: Free
  • Time Required: 00:20 Mins
  • Tags: Art And Culture, Religious Site, Family And Kids

Abeseimei Shrine - Review

Abe no Seimei. If you're Japanese, there is no way you've not heard of him. Born in 921, he was a legendary onmyoji (a sort of mystic). The shrine is supposed to be the location of his birth, and the well here is where he had his first bath. People used to come pray here for safe childbirths. The shrine's popularity waned in the Edo period, and it was not until 1925 that it was restored. In the meanwhile Abe no Seimei has become something of a pop-culture figure, making this shrine slowly popular again. As far as looks go, the shrine looks clean and functional.

How To reach Abeseimei Shrine by Public Transport

  • Hankaidenki-Uemachi Line stop Higashi-Tengachaya Station
  • Drive to here.
  • Buses 62, 63, 64, 67 stop

Love this? Explore the entire list of things to do in Osaka before you plan your trip.

Fancy a good night's sleep after a tiring day? Check out where to stay in Osaka and book an accommodation of your choice.

TripHobo Highlights for Abeseimei Shrine

  • Abeseimei Shrine Address: 5-16 Abeno Motomachi, Abeno Ward, Osaka, Osaka Prefecture 545-0034, Japan
  • Abeseimei Shrine Contact Number: +81-666222565
  • Abeseimei Shrine Timing: 09:00 am - 06:00 pm
  • Abeseimei Shrine Price: Free
  • Best time to visit Abeseimei Shrine(preferred time): 10:00 am - 04:00 pm
  • Time required to visit Abeseimei Shrine: 00:20 Mins
  • Try the best online travel planner to plan your travel itinerary!
Are you associated with this business? Get in Touch

Things to Know Before Visiting Abeseimei Shrine

  • 0.03% of people who visit Osaka include Abeseimei Shrine in their plan

  • 95% of people start their Abeseimei Shrine visit around 10 AM - 11 AM

  • People usually take around 30 Minutes to see Abeseimei Shrine

Friday and Sunday

95% of people prefer to travel by car while visiting Abeseimei Shrine

People normally club together Shingan-ji Temple and Minami while planning their visit to Abeseimei Shrine.

People also prefer to start their day with Abeseimei Shrine.

* The facts given above are based on traveler data on TripHobo and might vary from the actual figures

Abeseimei Shrine Trips

Abeseimei Shrine, Osaka Reviews

Google+
  • 神社小小的,很可愛,相傳阿倍野是安倍晴明的出生地。神社裡還有泰造稻荷神社,是供奉晴明的爸爸的小神社

  • 静かで良い雰囲気の場所です。 京都の晴明神社とは違い、10時ぐらいまでは人は少ないですが、土日は結構な参拝者の方が訪れます。 駐車場はありませんが、近くの神社に駐車できます。

  • 阿倍王子神社が管理する末社で、独立のお宮ではないそうです。 安倍晴明の出身地については、大きく分けて3つの説があります。 一、 大阪説 二、 讃岐説 三、 茨城説 この中で最も有力なのは、一、大阪説です。 『葛乃葉(くずのは)伝説』によると、晴明の父は大阪市阿倍野区阿倍野の出身とされています。以下、引用文です。 「いまから千年以上昔、阿倍野に安倍保名(あべのやすな)という男が住んでいました。あるとき、和泉(いずみ)の信田明神(しのだみょうじん)にお参りをすませて帰ろうとした保名の元へ、狩りで追われた白狐が逃げてきて、これをかくまってあげました。 その後、白狐は女の人になって、保名のところへ来ます。名前は葛乃葉と名乗りました。ふたりは結婚して阿部神社の近くに住み、やがて子供が生まれ、安倍童子(あべのどうじ・晴明の幼名)と名付けました。」 狐は古来から、霊力を持った動物として崇められており、白狐であった母親を持つ晴明は、天才陰陽師として君臨することになるのです。晴明が阿倍野の出身というのは、安倍晴明神社の記録としても残っています。安倍晴明神社に伝わる『安倍晴明宮御社伝書』には、安倍晴明が亡くなったことを惜しんだ上皇が、生誕の地に晴明を祭らせることを晴明の子孫に命じ、亡くなって二年後の寛弘四年(1007年)に完成したのが、安倍晴明神社であると記載されています。 晴明神社といえば京都一条戻橋の旧堀川邸痕が有名ですが、    この神社は大阪阿倍野区にあり、陰陽師で有名な晴明生誕の地といわれてて秘話が伝えられてます。

  • 小さな神社です 私とは相性が会わなかったのですが、 相方さんには ご利益が有ったそうで一年に一度、いけなかったらネットでお守りをお取り寄せしてます。

  • 阿倍王子神社で御朱印をいただくのならこちらへも参拝ですね。こちらも小ぢんまりとした境内ですが、いつも綺麗に掃き清められており、気持ちがいいです。

Read all reviews