Senpukan

Currently Open
  • Address: 1 Chome-1-1 Tenmabashi, Kita Ward, Osaka, Osaka Prefecture, Japan
    Map
  • Timings: 24-hrs Details
  • Phone: +81-666150657
  • Ticket Price: Free
  • Time Required: 00:15 Mins
  • Tags: Family And Kids, Architecture , Heritage Building

Senpukan - Review

When Thomas James Waters built this house for the nearby Mint Bureau, it was the first western style house in all of Osaka. The building, built in 1871, has a strikingly colonial style - columns, balconies, verandahs. Inside you'll find geometric hallways, decorative tiles, a large fireplace and French-style windows. Unfortunately, as the condition of the structure is extremely fragile, it is open for only three days in the year, in March, during the spring equinox. For the rest of the year you will have to be satisfied viewing it from the outside.

Senpukan Hours

  • Spring Equinox Hours: 10:00am - 5:00pm.
  • Last admission at 4:30pm.

How To reach Senpukan by Public Transport

  • Keihan Line Keihan-Nakanoshima Line Tanimachi Line stop Temmabashi Station.
  • Bus 36 stop Higashitenma.

Love this? Explore the entire list of things to do in Osaka before you plan your trip.

Fancy a good night's sleep after a tiring day? Check out where to stay in Osaka and book an accommodation of your choice.

TripHobo Highlights for Senpukan

  • Senpukan Address: 1 Chome-1-1 Tenmabashi, Kita Ward, Osaka, Osaka Prefecture, Japan
  • Senpukan Contact Number: +81-666150657
  • Senpukan Timing: 24-hrs
  • Senpukan Price: Free
  • Best time to visit Senpukan(preferred time): 08:00 am - 05:00 pm
  • Time required to visit Senpukan: 00:15 Mins
  • Try the best online travel planner to plan your travel itinerary!
  • Plan a Trip to Senpukan using our free Osaka Trip Planner
  • Explore Osaka itineraries created by fellow travellers
Are you associated with this business? Get in Touch

Things to Know Before Visiting Senpukan

  • 0.03% of people who visit Osaka include Senpukan in their plan

  • 95% of people start their Senpukan visit around 08 AM

  • People usually take around 30 Minutes to see Senpukan

Thursday

People normally also visit Naniwanomiyaato Park while planning their trip to Senpukan.

* The facts given above are based on traveler data on TripHobo and might vary from the actual figures

Senpukan Trips

Senpukan, Osaka Reviews

Google+
  • 泉布観は明治4年(1871年)、造幣寮(造幣局の前身)の応接所として建てられた。煉瓦造(一部石造)2階建てで、設計者はアイルランド出身の技術者、ウォートルスである。建築様式は一般的にベランダコロニアル様式と呼ばれ、ベランダを巡らせること、窓が床面から立ち上がるフランス窓であること、その外側に鎧戸がつくことなどが特徴の、高温多湿の気候に合わせた建築様式である。明治5年(1872年)に明治天皇が大阪に行幸された時、宿舎として利用された。泉布観の名はその時の天皇の命名によるものであり、「泉布」は貨幣、「観」は立派な館を意味する。その後も皇族や外国からの要人を迎えた。我が国最初期の本格的な洋風建築として貴重である。 歴史を感じる。

  • せんぷかん 造幣寮の応接所として明治4年(1871年)に建設されました。イギリスの古典的なコロニアル式を取り入れた日本最初の本格的洋風建築です。泉布とは貨幣の古い呼び方。観は館のことであり『史記』の一節からとっています。

  • 大阪城からの帰り道…たまたま通りかかりました。重要文化財なんですね…勉強不足(≧∇≦)

  • 桜の通り抜けで親しまれる造幣局内の、その通路途中にレンガ造り八角形の古めかしい番所を持つ門は、明治4年造幣寮(造幣局の前身)創設当時の正門である。そしてその向うには、美しい柱列をもった石造りの玄関がそびえていた(現ユースア-トギャラリ-玄関として移築)。  また泉布観は、造幣寮の応接所として建設されたものである。イギリスの古典的なコロニアル式をとり入れた2階建の本格的洋風建築としては、わが国最初のものである。名称の泉布とは貨幣の意で、観は館であり史記の一節からとったものである。設計監督は英人ウォートルスで、一部レンガ材を除いて石材は日本産を用い、日本人の手で完成した。大正6年大阪市に移管。

  • 泉布観(せんぷかん)は、大阪市北区にある歴史的建造物。大川沿いに位置する、大阪府に現存する最古の洋風建築である。国の重要文化財に指定されている。 造幣局の寮で応接所です。

Read all reviews