Senpukan, Osaka

Senpukan, Osaka - Address, Phone Number

Address: 1 Chome-1-1 Tenmabashi, Kita Ward, Osaka, Osaka Prefecture, Japan

Phone: +81-666150657

Show on map

Time Required: 00:15 Mins

Timings: 24-hrs Details

Added 107 times in trip plans

Family And Kids, Architecture , Heritage Building

Try TripHobo to create your itinerary

Are you associated with this business? Get in touch

About Senpukan, Osaka

When Thomas James Waters built this house for the nearby Mint Bureau, it was the first western style house in all of Osaka. The building, built in 1871, has a strikingly colonial style - columns, balconies, verandahs. Inside you'll find geometric hallways, decorative tiles, a large fireplace and French-style windows. Unfortunately, as the condition of the structure is extremely fragile, it is open for only three days in the year, in March, during the spring equinox. For the rest of the year you will have to be satisfied viewing it from the outside.

Senpukan Opening and Closing Hours

  • Spring Equinox Hours: 10:00am - 5:00pm.
  • Last admission at 4:30pm.

How To reach Senpukan by Public Transport

  • Keihan Line Keihan-Nakanoshima Line Tanimachi Line stop Temmabashi Station.
  • Bus 36 stop Higashitenma.

Love this? Explore the entire list of things to do in Osaka before you plan your trip.

Fancy a good night's sleep after a tiring day? Check out where to stay in Osaka and book an accommodation of your choice.

Senpukan Tickets And Tours

The best tours and activities in the city, guided by experts to give you a local insight to the best best of Osaka

Senpukan, Osaka Reviews - Write a Review

user-pics
Google+
  • 桜の通り抜けで親しまれる造幣局内の、その通路途中にレンガ造り八角形の古めかしい番所を持つ門は、明治4年造幣寮(造幣局の前身)創設当時の正門である。そしてその向うには、美しい柱列をもった石造りの玄関がそびえていた(現ユースア-トギャラリ-玄関として移築)。  また泉布観は、造幣寮の応接所として建設されたものである。イギリスの古典的なコロニアル式をとり入れた2階建の本格的洋風建築としては、わが国最初のものである。名称の泉布とは貨幣の意で、観は館であり史記の一節からとったものである。設計監督は英人ウォートルスで、一部レンガ材を除いて石材は日本産を用い、日本人の手で完成した。大正6年大阪市に移管。

    Read more
  • ここは明治4年、造幣局の応接所として建てられたものだ。 命名者は明治天皇。 明治初期の大阪三名所の一つだということである。 保存のための補修工事はされたが、泉布観は基本的に昔のままだ。 明治天皇も訪れた、この美しい建物が今も変わらず残っている。 それだけですごいことである。 もちろんここは国の重要文化財だ。

    Read more
  • かなり痛んでいます。大阪最古の洋館ということで、意匠も興味深いが、取り立てて凄いということではない。照明器具廻りは面白い。

  • 中に入ると、暖炉、照明、鏡台などの調度は見事ですが、数はありません。 住宅ではなく応接所であり、普段暮らす場所ではないので、基本的に物は置かないようです。 それでも窓や柱、扉の上など見るべき点は多いです。 綺麗な建物でしたが、カーテンがぼろぼろに裂けていたり、天井の一部が染みになっていたのが歴史を感じさせました。

    Read more
  • ピンク色のバルコニー、フランス窓が洒落た雰囲気。タイムスリップしたよう。

Read all reviews
0