Tenma Tenjin Hanjo Tei, Osaka

About Tenma Tenjin Hanjo Tei, Osaka

Tenma Tenjin Hanjo Tei, Osaka - Address, Phone Number

Address: Japan, 〒530-0041 Osaka Prefecture, Osaka, Kita Ward, Tenjinbashi, 2−1−34

Phone: +81-663524874

Show on map

Time Required: 03:00 Hrs

Added 107 times in trip plans

Entertainment, Theatre, Family And Kids

Try TripHobo to create your itinerary

Are you associated with this business? Get in touch

Rakugo is a form of Japanese theatrical storytelling in which a single person sits on the stage in front of the audience and acts out the entire play all on his own. The actor is called Koza. The style has been perfected to extreme comedic effect. And that is the only kind of show this theatre performs, the only such theatre in the city. There are side shows too - magic tricks and acrobatic stunts, but their only purpose is to warm the audience up.

Tenma Tenjin Hanjo Tei Ticket Prices

  • Seniors 65+ (daytime shows): 2000 yen
  • Senior high students and university students, disabled (daytime shows): 1800 yen
  • Junior high students and elementary students: 1500 yen
  • Night show prices are likely to be higher.

Tenma Tenjin Hanjo Tei Opening and Closing Hours

Show times:

  • Daytime: 1:00pm - 4:00pm
  • Evening: 6:30pm or 7:00pm - 9:00pm

How To reach Tenma Tenjin Hanjo Tei by Public Transport

  • Sakaisuji Line, Tanimachi Line stop Minami-Morimachi Station.
  • Bus 36 stop Minamimorimachi (bus)

Love this? Explore the entire list of things to do in Osaka before you plan your trip.

Fancy a good night's sleep after a tiring day? Check out where to stay in Osaka and book an accommodation of your choice.

Tenma Tenjin Hanjo Tei, Osaka Reviews - Write a Review

user-pics
Google+
  • 上方落語を聴くのにおすすめの劇場です!ほぼ毎日、落語を楽しめます。前売り券購入している人が優先して入場しますが、当日券でも座って観れる可能性があります。昼席は、いろんな落語家さん、色物さんが登場します。夜席は、落語家が主催する番組が多くファンにはたまりません。たまに朝席や深夜席も開催されます。

  • 上方落語の始まりは一七〇〇年頃、京都に露の五郎兵衛、大阪に米沢彦八が現れ、神社の境内などでおもしろい咄を聞かせて見せた。これらは「辻ばなし」とも言われ、ここが出発点とされる。一時はすたれるが、一八〇〇年頃、大阪坐摩(ざま)神社で桂文治が小屋掛けの常打ちの寄席を始め、以来各地で落語専門の常打ちの小屋が出来る。一九〇〇年頃、上方落語は隆盛を誇るも、第二次世界大戦で大阪は焦土と化し、全ての落語の定席を失う。  二〇〇六年九月十五日、多くの上方落語を愛する篤志の皆様の浄財で、大阪天満宮 、天神橋筋商店街のご協力により、一九五七年上方落語協会結成以来、積年の夢であった定席が、明治から昭和にかけて天満八軒と呼ばれた、上方落語に縁の深い ここに建立され、上方落語の定席が六十一年ぶりに復活した。 四五〇〇を越える方々のご厚志に応えるべく、さらなる上方落語の隆盛を誓う。 社団法人 上方落語協会

    Read more
  • 気軽に上方落語が楽しめます。JAF会員だと500円割引になるのが良いです。天神橋筋商店街の近くにあるので、寄席の後に美味しいもんを食べて帰るのが定番ルートです。

  • 上方落語の上席。朝席は行ったことがないので解りませんが、昼席は落語をはじめ古典曲芸などが毎日楽しめ、夜席はテーマごとの落語会が楽しめます。内容には大満足ですが、座席が狭いのが難点です。

  • 天満天神繁昌亭(てんまてんじんはんじょうてい)は、大阪府大阪市北区天神橋二丁目にある寄席。上方落語唯一の寄席で、落語を中心に、漫才、俗曲などの色物芸の興行が連日執り行われている。通称「繁昌亭」。

Read all reviews