Yasui Shrine, Osaka

Yasui Shrine - A Quick Overview

[Contribute/Review]

Address: 1 Chome-3-24 Osaka, Tennoji Ward, Osaka, Osaka Prefecture 543-0062, Japan

Phone: +81-667714932

Show on map

Time Required: 00:30 Mins

Timings: 07:00 am - 05:00 pm Details

Currently Open

Added 408 times in trip plans

Religious Site, Family And Kids

Liked this? Then plan for a trip here!

Are you associated with this business? Get in touch

About Yasui Shrine, Osaka

The origin of this shrine, set atop a steep set of stairs, is ambiguous. It's said to have been built between the 6th and 10th centuries. It is dedicated to two monks, Sukuna-hikona-no-kami and Sugawara-no-Michizane. It also honors a warrior named Sanada Yukimura, whose likeness is sculpted in stone here. He died in the fighting during the Siege of Osaka by Tokugawa Ieyasu. There is a well near the shrine called The Kanshizume-no-I, the waters of which, some believe, helps soothe anxiety. Like most other shrines around Japan, this one has a near mystical quality of feeling removed from the city.

How To reach Yasui Shrine by Public Transport

  • Train Hanwa Line, Train Haruka, Train Kuroshio, Midosuji Line, Train Osaka Loop Line, Tanimachi Line, Train Yamatoji Line stop Tennoji Station
  • Trams Hankaidenki-Hankai Line, Sakaisuji Line stop Ebisucho Station
  • Buses 12, 13, 22, 30, 62 stop Tennoji Nishimonzen (bus)

Love this? Explore the entire list of things to do in Osaka before you plan your trip.

Fancy a good night's sleep after a tiring day? Check out where to stay in Osaka and book an accommodation of your choice.

Yasui Shrine, Osaka Reviews

user-pics
Google+
  • Small temple in the middle of housing area, on top hill

  • 創建は不明で、942年(天慶5年)より菅原道真が祀られている。 道真が太宰府に赴任する際、当時海がこの近くまで迫っていて、潮待ちした場所と言われる。 大阪夏の陣では、真田信繁(幸村)が当地の南側に当たる茶臼山に陣を張り、徳川軍に猛攻、徳川家康に後一歩まで迫ったが反撃に遭い奮闘虚しくこの地で休息している処を討ち取られたとなってる。信繁はん無念だったろうね。 上町台地のゆるい稜線上の中腹にあり、今は住宅地から一段上がる静かな落ち着く場所だが、大阪の陣では激戦地だったんですネ。 NHK大河「真田丸」で人気のエリアになった。

  • 真田幸村終焉の地ということで、NHK大河で一躍有名になりました。実際は近くの田んぼで。。という説もあるようですが、ここはここの松の下で亡くなったということで。境内には天王寺七名水「安居の清水」という井戸があり、癇癪を鎮めるのに効能があったため「かんしずめの井戸」とも呼ばれていたそうです。今は近づくこともできませんが、社務所横から覗き見ることはできます。

  • 安居神社のさなだ松です。2代目だそうです。幸村はこの樹に寄りかかって疲れ切って休んでいたところ討ち取られた、との事です。 討ち取ったのは、家康についていた越前藩の家臣だったとの事。その家臣は、首を取った後に残っていた指揮棒を越前に持ち帰っています。その血染めの指揮棒が今でも大切に保管されている。

  • 上町台地の一角にある神社。真田幸村最期の地として有名。境内には幸村の銅像や戦死跡之碑があります。お手洗いが無いのでご注意ください。

Read all reviews