Inarikio Shrine

42 Votes
  • Address: 2 Chome-17-5 Kabukicho, Shinjuku, Tokyo 160-0021, Japan
    Map
  • Phone: +81-332002904
  • Tags: Religious Site, Family And Kids

Located in the busy district of Shinjuku, it is a shrine dedicated to the gods. In the middle of modern buildings, it stands out as a specimen of ancient Japanese architecture. The exterior is similar to that of a Buddhist temple. The aura is one of peace and tranquility. The shrine is visited by hundreds of tourists throughout the year. It was built a long time ago but still stands tall and beautiful. The path leading to the temple has been decorated with beautiful flowers and shrubs.

Inariki Shrine is not one of the most important things to do in Shinjuku like Himawari Zushi Shintoshin, Media Cafe Popeye Shinjuku, Ishikawa and Shinjuku Ward Shinjuku Sports Center.

More about Shinjuku

To personalise your visit to the city, you can use an all-inclusive Shinjuku trip planner for the same that will give detailed information about visiting the city.

Book perfect hotels in Shinjuku like Apa Hotel - Higashishinjuku Kabukicho Higashi, Apa Hotel Shinjuku Gyoemmae and E Hotel Higashi Shinjuku.

Choose from variety of exclusive Shinjuku vacation packages for your next visit or create own own. Check out the various options for how to reach Shinjuku and finish off your vacation package by booking the ideal transfer.

How to Reach Inarikio Shrine

  • Train to Inari station and walk.

Love this? Explore the entire list of places to visit in Shinjuku before you plan your trip.

Fancy a good night's sleep after a tiring day? Check out where to stay in Shinjuku and book an accommodation of your choice.

  • Inarikio Shrine Address: 2 Chome-17-5 Kabukicho, Shinjuku, Tokyo 160-0021, Japan
  • Inarikio Shrine Contact Number: +81-332002904
  • Try the best online travel planner to plan your travel itinerary!
Are you associated with this business? Get in Touch

Inarikio Shrine Reviews & Ratings

Google+
  • Beautiful garden. Has Red Seal

  • Our first shrine. We passed by in our way back to the hotel. The garden is open 24h, so we have a very suggestive visit

  • I wouldn't plan a trip solely to see this place, but if it's already on your way, it's a nice peaceful area to make a stop

  • A lovely neighbourhood shrine worth stopping by at for a few moments if passing through.

  • 弘前市には鬼神社がある。 S&Bスパイス展示館 (板橋スパイスセンター) 板橋区宮本町38-8 ※スパイス展示館は一般非公開 富士見通り、通称S&B通りにスパイスセンターがある。 この入口の周囲にはシナモン・ローレル・柚子・山椒の木が植えられており、植え込みにはローズマリー等のハーブが植えられている。 展示室の入り口を入ると、目の前に何故か神社が。これは青森県の鬼神社から分祀してもらったそうで、その神社では鬼を祀るために彼らの好物だとされるニンニクを奉納するんだとか。 ロビーの壁にはS&Bにまつわる様々な写真が飾られており、中には 「板橋の国会議事堂」 として有名だった旧スパイス工場の写真もある。 「板橋の国会議事堂って何?」 S&Bのカレー粉の缶に国会議事堂が描かれているが、あれは国会議事堂じゃなくて旧スパイス工場の絵なのである。 スパイス展示館へようこそ 1階にはこの展示館の創設を遺志として残したエスビー創業者・山崎峯次郎とその妻・山崎春栄の銅像、鬼神社きじんじゃ、エスビー食品の歴史展示室が設けられています。 扉を開けロビーに足を踏み入れましょう。照明を落とし重厚な雰囲気を漂わせるロビーで私たちを出迎えてくれるのはエスビー食品の創業者の山崎峯次郎、山崎春栄の銅像です。 ロビーの正面で目立つのが神社!?。 この神社は、青森県にある鬼神社を分祀して頂いたものです。 鬼神社は青森県弘前市の郊外、旧鬼沢村にある鬼をまつり、鬼の好物であるにんにくを奉納している神社です。 昔、稲作に不可欠の用水が無く村人が困っていた時、近くの岩木山に住む鬼が現われ、一夜のうちに灌漑用水路を完成させました。それ以来鬼は村人の恩人になり、鬼をまつった鬼神社が建立されたと言います。 エスビー食品はにんにくの効能を活かしたまま乾燥・粉末化することに成功し「ガーリックパウダー」を製品化した経緯から1984年、同神社に分祠を申し入れたところ、展示館に分祠が許されたのです。 1階展示に足を踏み入れると、いかにも南の島という雰囲気の電飾パネルが目に付きます。 これはクローブやナツメッグなどのスパイスのふるさと、インドネシアの香料諸島の中のモルッカ諸島を写したものです。 大航海時代、冒険者達が目指したのが、こしょう、クローブ、ナツメッグの産地であるアジアでした。 中でも通称、香料諸島と呼ばれるモルッカ諸島はクローブの産地で、コロンブス、マゼラン達が大海原に船出した目的地のひとつがここモルッカ諸島だったのです。 ■ 板橋の国会議事堂 珍しい板橋の国会議事堂を紹介しましょう。スパイス展示館が建つ板橋スパイスセンターは、かつてカレーなどを作っていた主力工場でした。 1947~48年頃、入り口正面に国会議事堂を模した工場を竣工。板橋の国会議事堂と呼ばれ親しまれていました。 実は「赤缶」の名前で親しまれている「赤缶カレー粉」の缶には国会議事堂をあしらったイラストがレイアウトされています。その国会議事堂を工場の建物の一部にしてしまったのが、“板橋の国会議事堂”だったのです。 ■ 街を賑わせたガーリックカー エスビー食品は1960年「S&Bガーリック」を新発売しガーリックカーキャンペーンを始めました。 当選者に1年間、宣伝カーに仕立てた黄色のルノーに乗っていただければそのまま差し上げるという画期的なキャンペーンが話題になりました。

Read all reviews